給料ファクタリング 被害 相談 闇金

闇金の再来と言われる「給料ファクタリング」の被害相談が急増中

MENU

給料ファクタリングとは

給料日前にお金がカツカツで困ったことって多くの方が経験のことだと思います。

 

そんな、人の弱みに付け込んだサービスが「給料ファクタリング」です。

 

そもそもファクタリングとは、企業の売掛債権を額面より安く買い取り、その額面の債権を回収することにより利益を出すビジネスモデルです。

 

その「ファクタリング」に「給料」を掛け合わせた言葉ということになりますが、一体どんなサービスなのでしょうか?

 

キャッシングなどと違い、自分の個人情報を信用審査にかけてお金を借りるシステムとが違い、これから数日後に振り込まれる『未来の自分の給料』の権利を売り、お金を受け取ることが出来るサービスです。

 

例えば…、

 

@「20万円の給料を受け取る権利」を18万円で売る
A権利を売った側は、未来の20万円の給料を受け取る代わりに、2万円の手数料で今すぐ18万円を受け取ることができる。
B権利を買った側は、18万円で権利を買った代わりに未来に20万円を受け取ることができ、2万円の儲けを出せる。

 

どこからもお金を借りることが出来なくなった方や、初月の給料日など、どうしても給料の前借りをしたいという時に重宝され、信用機関を通す必要もない為、利用者が増加傾向にあるそうです。

 

但し、「自分の給料を受け取る権利を売る」という性質上、さまざまな問題が起こり、給料ファクタリングの被害相談も急増しているとのことです。

給料ファクタリングの被害相談が急増している

そもそも、「自分の給料を受け取る権利」を業者に売るということが可能なのだろうか?

 

労働基準法では、給料は雇用主が労働者に直接支払わなければいけないという法律があります。

 

つまり、第三者である給料を受け取る権利を買った業者が、給料を支払う会社に直接回収をするということが出来ないということになります。

 

ではどうやって債権を回収するかというと…、その法律を逆手に取り、業者は給料を受け取る権利を売った本人から回収をします。

 

そうなるとどうなるか?

 

自分の給料の権利を売るという行為をする人間です。
つまり、生活に困窮していることは間違いありません。

 

身分証明はしたものの業者から権利を売ってお金を受け取り、更に給料も振り込まれれば、業者にお金を渡さなくてもいいんじゃないかと思う人が大多数を占めることは間違いありませんね。

 

そうなると…あとはどうなるかわかりますよね?

 

債権の大元である会社に電話がいくのはもちろんのこと、自宅への執拗な電話、自宅への押しかけ、最悪は会社に直接債権を回収しにいく業者もあるとか…。

 

その様子が闇金業者に似ていることから、給料ファクタリングは闇金業者の再来と言われている訳です。

悪徳業者に騙される前に

給料ファクタリングは、最近増えている比較的新しい業態の貸金業ですが、法の目を掻い潜って成り立っているような業界です。

 

健全な業者も中にはいるかもしれませんが、おそらくほとんどの業者が締め付けが厳しくなった闇金業者の成れの果てでしょう。

 

年利が1000%を超える業者もあるそうですから、まず間違いないと思います。

 

つまり、かなりの確率で給料ファクタリングそのものが悪徳業者なので、利用すれば当然悲惨な目に遭うことが目に見えている訳です。

 

まだ利用されたことのある方は少ないと思いますが、万が一利用して執拗な取り立てに遭ってしまったらどうすれば良いでしょうか?

 

そうなった場合は、当サイトでご紹介する闇金の取り立てに対応してくれる専門の司法書士や弁護士にご相談されることをお勧めします。

 

大元は同じな訳ですから、きっと適切に処理してくれることでしょう。

 

0円で出来る闇金のご相談はこちらから