闇金 ターゲット 特徴

MENU

闇金のターゲットになってしまう方の特徴

今現在お金を借りたいと考えている方は、まさかご自分が闇金のターゲットになるとは夢にも思っていないかもしれません。

 

しかし闇金はあなたのそばにも確実に潜んでいます。

 

お金に困っている人、ターゲットにしやすい人の前に優しいふりをして現れるのです。

 

お金を借りたいと思っている時点でターゲットになる可能性は十分にありますから、常に油断しないように注意しましょう。

 

では具体的に、どのような方が闇金のターゲットとなりやすいのでしょうか。

 

 

多重債務者など、複数の消費者金融などに多額の借り入れがある方

 

一般的に、数社の銀行や消費者金融からお金を借りている多重債務者は新たな借り入れが非常に難しくなります。

 

正規の金融機関からはまず借りられないと思っておいたほうが良いでしょう。

 

そういう方の前に親切なふりをして現れるのが闇金です。
うちなら誰にでもお貸しできますよ、他社で借りていても大丈夫ですよと甘い言葉で誘い込むのです。

 

 

中小零細企業などの個人事業主

 

中小零細企業の個人事業主の中で資金繰りに困っている方などもターゲットになりやすいでしょう。

 

闇金の中には商工ローンで借り入れをしている人の名簿などを入手して勧誘をして来るところもあります。
返済出来なければ倒会社が産してしまうという心理を巧みに利用し、高金利で貸し付けをしてきます。

 

 

自己破産、債務整理をしている方

 

自己破産をすると5年〜10年前後、任意整理などの債務整理をすると5年前後信用情報機関にその事実が載ってしまいます。

 

つまり、ブラックリストに載っている状態になるのです。
その間、正規の金融機関からは一切借り入れが出来ません。

 

そこに現れるのが闇金です。

 

ビラやチラシなどで「ブラックOK」「自己破産OK」などの謳い文句で勧誘を行います。

 

何処からも借りられない自分に救いの手を差し伸べてくれるありがたい業者だと思ってしまう方もいらっしゃると思いますが、利用したらとんでもない目に遭ってしまいます。

 

高齢者や主婦など、闇金に知識が無さそうな方、総量規制で借りられない方
一般的に高齢者や主婦層などは、闇金に関する知識が少ないと思われがちです。

 

高齢者は年金で暮らしている方が多いですし、収入の無い主婦の場合には総量規制によって消費者金融から借り入れができない方も多くいらっしゃいます。

 

そこに現れるのが闇金です。

 

特に高齢者に対しては、年金を担保にお金を貸す卑怯な闇金もいるため注意が必要です。
国で公的にやっているもの以外は、年金を担保にお金を貸すことは違法です。

 

騙されないようにしましょう。

 

主婦にとっては総量規制に関係なくお金を借りられる闇金はありがたい存在だと思ってしまいがちです。

 

しかし、一度借りてしまったら骨の髄までむしゃぶり尽くされてしまう可能性も有りますから絶対に闇金から借りてはいけません。

 

まとめると、正規の金融機関から借り入れができなくて困っている方が闇金のターゲットになりやすいと言えるでしょう。

 

貸してくれるのはここだけ、と思って一度でも利用してしまうとズルズルと地獄へ引きずり込まれてしまいます。

 

闇金からは絶対にお金を借りてはいけません。

 

0円で出来る闇金のご相談はこちらから