闇金 対策 方法

MENU

闇金(ヤミ金)対策の方法とは

お金がなくて困っていたけど、電話1本で審査もなく、お金を貸してくれる業者がいた。

 

随分親切な人だなと思っていると後になって闇金だったことに気が付いた・・・このような場合に、どのような対策をすればいいのでしょうか。

 

闇金はまともな会社ではありません。
一般の消費者金融とは全く違います。

 

闇金の対策は自分ですることはまず無理です。
自力で戦うのをやめて、適切な対策をしましょう。
やり方を間違えると命取りになってしまいます。

 

 

●専門家の力を借りよう

 

闇金と戦おうと思ったら専門家の力を借りるべきです。

 

専門家には、どのような人たちがいるのでしょうか。
それは、弁護士や司法書士です。

 

法律の専門家で、闇金対策に特化した法律事務所や法務事務所なら、あっという間に問題を解決してくれるということも珍しい事ではありません。

 

しかし気をつけてほしいポイントとして、闇金対策の経験がなければいけません。
弁護士や司法書士といっても、事務所によって大きく特徴が異なっています。

 

インターネットなどで調べて、闇金対策に特化しているかどうかを調べてから仕事を依頼しましょう。

 

中には得意でもないのに、闇金対策が得意と書いてあったり、集客のために何でも得意と言っている人がいますので、ホームページでおかしいことが書いていないかどうかを確認した上で、無料相談などを利用して人格を判断すると間違いが少ないです。

 

 

●警察はダメ

 

闇金は違法行為なのだから。

 

警察に連絡すればいいんじゃないの・・・この考え方は甘いです。

 

警察というものは民事不介入という原則を、恣意的に利用しています。
警察は傷害や殺人などの事件では、積極的に動いてくれますが、お金の貸し借りという問題になると、「民事の問題だから。

 

助けてあげることができない」などと、消極的な態度をとることが多いです。

 

警察の場合、確固たる証拠がなければ動くことはありません。
下手に動いて誤認逮捕でもしてしまったら、自分の立場が危うくなるという自己保身の態度が原因です。

 

仮に、動いてくれたとしても、闇金の仕組みや構造、闇金のねらいを知らないため、中途半端に説教してしまい余計話がこじれて怒りを買ってしまうこともよくあります。

 

警察に連絡するということは、当てにならず、どうしようもない時の最後の手段だと思った方が身のためです。

 

 

●お金は返さない・そして諦めない

 

弁護士や司法書士に連絡をするほかに、自分にできる対策といえば、お金を返さないことです。

 

お金を返してしまうと、この客は脅すと更にお金を渡してくれる人なんだと判断されて、さらに、取り立てが激しくなります。相手は闇金ですから、これ以上金を返済するのはやめましょう。
相手をつけあがらせるだけです。

 

精神的に追い詰まってしまう人も多いです。
不幸な人は自殺にまで至ります。
とにかく諦めないでください。

 

自殺をしても解決することはありません。
あなたが死んでも、親類に取り立ての矛先が向かうことも考えられます。
とにかく、死んで解決するなどという簡単なことは考えず、法律の専門家のタッグを組んで、戦っていきましょう。

 

闇金と戦う方法といえば、専門家に頼ること・お金を返さないこと・諦めないことの三つのポイントが重要です。

 

警察は頼りになりません。
法律の専門家を利用して闇金と戦っていきましょう。

 

0円で出来る闇金のご相談はこちらから

 

 

 

ヤミ金の対応策について

「闇金」と聞くと、自分とは全く関係ない世界のものだと思っていませんか。

 

確かに、普段私たちが普通に生活するうえではなかなかかかわることがないものかもしれません。

 

闇金業者といえば、強面で派手なスーツにジャラジャラと金のアクセサリーをつけた男性たちというイメージを思い浮かべる方が多いと思います。

 

しかし、そういう方たちにかかわらなければ大丈夫!と安易に考えるのは危険です。

 

というのも、最近ではソフト闇金などと呼ばれる闇金業者が存在するからなのです。

 

このソフト闇金はその名の通り、通常の闇金よりも金利がソフトであったり、対応や外見などがソフトな闇金業者です。

 

外見は一見普通のサラリーマン風のスーツ姿であることが多く、言葉遣いや対応も丁寧です。

 

なかには電話をかけたら女性スタッフが対応してくれた、などという業者もあるほどです。

 

しかしソフト闇金とはいえども違法な闇金業者であることには変わりありません。結局は違法な高金利を取られることになってしまいます。

 

闇金からは、やはり絶対にお金を借りてはいけないのです。

 

最近ではこのように闇金とは見抜きにくい業者が増えています。

 

少しでも不審な点があると感じたら、まずきちんと貸金業として登録されている業者かどうかを確認しましょう。

 

しかし闇金であっても貸金業として登録を済ませている業者も多数存在しますので、店舗を持った業者かどうか、固定電話があるかどうか、出資法で定められた年利20%以上の金利を取っていないかなどを確認して、闇金から身を守るようにしましょう。

 

それでもやはり、闇金業者を100%見抜くのは困難な場合もあるでしょう。

 

すでに闇金とかかわってしまい、激しい取り立てに遭っている、違法な金利を払わされているなどのトラブルに見舞われている方もいらっしゃると思います。

 

そういった場合の対応策は、どのようにしたらよいのでしょうか。

 

闇金への対応としてまず思い浮かべるのが弁護士でしょう。

 

しかし弁護士にお願いをすればそれなりの費用がかかってしまいますし、その弁護士が必ずしも闇金対応の経験が豊富とは限りません。

 

場合によっては断られてしまうこともあるでしょう。

 

そのほか警察へ相談しようと考える方もいらっしゃるでしょうが、もし警察に相談したことが闇金業者にバレてしまったら…ということを考えるだけでも恐ろしいですよね。

 

闇金業者から報復をされることも無いとは言い切れないのはないでしょうか。

 

闇金への対応は、当サイトでご紹介している法務事務所へ相談することをお勧めします。

 

0円で出来る闇金のご相談はこちらから