闇金 借り入れ 審査

MENU

闇金からの借り入れに審査はあるのか?

一般に金融機関からお金の借り入れをする時には、必ず審査があります。

 

借り入れの審査の際には、住所や居住年数、勤務先や勤続年数に始まり、他社で借り入れをしたことがあるか、債務整理などをしていないかなどの項目がチェックされることが多いでしょう。

 

では、いわゆる「闇金」からの借り入れには審査があるのでしょうか。

 

闇金の場合、「審査なし」と謳っているところも多いですが、実際には審査があります。
しかしその審査基準などは正規の金融機関とは少し異なっているのです。

 

闇金の場合は身元がしっかりしていれば借りられることがほとんどですので、基本的には審査と言っても運転免許証があれば借りられることが多いでしょう。

 

この「身元がしっかりしている」という点を、闇金は重要視します。
なぜならば、きちんと取り立てができないと困るからです。

 

闇金は恐喝ともいえるような恐ろしい「取り立て」を行います。
その恐ろしさから何とかしてお金を作って闇金に支払ってしまうという方が多いでしょう。
しかし、身元がしっかりしていない利用者に貸してしまったらどうなるでしょうか?
いくら激しく取り立てをしてやろうと思ったところで、できないのです。

 

では実際に、闇金からお金を借り入れる際の審査基準ではどのようなことが重視されているのか、見ていくことにしましょう。

 

・住所があるかどうか
住所がはっきりしていない人の場合は逃げられてしまうリスクがありますから、いくら審査が無いと謳っている闇金といえどもさすがに断られるケースもあるようです。

 

住所が分かっていれば、返済が滞った場合そこに取り立てに行けば済む話です。

 

最近の闇金の取り立ては電話で行われることも多いですから、住所だけでなく、連絡が取れるかどうかも条件になるようです。

 

・親兄弟がいるかどうか
親兄弟、親戚など、本人以外に連絡が取れる所があるかどうかも、闇金の審査ではかなり重要視される点です。

 

誰でも家族には迷惑をかけたくない、知られたくないと思うものです。
そのことが担保の代わりになっているという意味合いも強いでしょう。

 

また、親や兄弟、親戚などがいれば、いざ本人が返済できなくなった時に代わりに返済してもらう事が出来ます。
さらに、闇金の取り立てによって親や兄弟、親戚などに迷惑がかかれば、本人としては何としてでもお金を返さなければという気持ちになりやすいでしょう。

 

親兄弟の連絡先を書かせることによって、利用者を精神的に追い込むためという目的もあります。

 

ですから闇金からお金を借り入れる際には、必ず家族の連絡先を書かされます。
貸す側としては、これでお金を巻き上げやすくなったと安心感が増すというわけなのです。

 

・仕事をしているかどうか
仕事を全くしていない債務者からはお金を取れる見込みがないため、いくら誰にでも貸す闇金といえども審査に通らないことがあります。

 

仕事をしていない場合、違法な仕事(闇金が使う携帯を契約させられる、住み込みで強制的な労働をさせられるなど)を斡旋されるケースもあるようです。

 

利用者に仕事先があれば、本人と連絡が取れなくなっても職場に取り立てをすることができます。
その点でも、やはり仕事をしているかどうかは闇金の審査基準として重要と言えます。

 

・過去に踏み倒したことがあるかどうか
闇金の取り立ては半端ではありませんが、やはり初めからリスクのある債務者には闇金といえどもお金は貸しません。
過去に借金を複数踏み倒している人は闇金の審査に通らないこともあります。

 

最近では、闇金からの借金に返済義務がないことを知っている方も多いのではないでしょうか。
その事を使用し、初めから踏み倒すつもりで闇金からお金を借り入れるいわゆる「借りパク」などと言う行為をする人もいるようです。

 

初めから返さないつもりで弁護士や警察などのもとに行かれてしまうと闇金としては貸し倒れのリスクが伴いますし、取り立てもできなくなってしまいます。

 

当然、闇金自体が逮捕されてしまうリスクにもなってしまいます。

 

ですから、過去にあまりにも踏み倒しが多い人の場合、もしかしたら初めから踏み倒すつもりで借りるのではないか?と闇金から思われて、断られるケースもあるでしょう。

 

そのほか、やたらに法律に詳しい人も闇金の審査に通らないことがあります。
闇金からの借金を返済しなくても良いという事を知っているのはもちろんのこと、そのほかにも法律で闇金を追い込むくらいの知識がありそうな人は、闇金から危険視されるでしょう。

 

弁護士や司法書士などを味方につけていて、何かあるとすぐに弁護士などのところに逃げ込む・・・などということになると、闇金としても逮捕されるリスクが高くなりますから、そういった相手とは関わりたくないのです。

 

 

このように、闇金といえども必ず、誰にでもお金を貸してくれるとは限りません。
闇金の審査基準というのは、これまでお話してきた通り「連絡先がはっきりと分かっていてお金を取れること」が条件のようです。
そのため、身元や仕事がしっかりしており、家族がいる人なら、闇金の審査には通るということになります。

 

もし身元がはっきりしていない、住所や仕事がないなどといった場合には、生命保険に入らされたり危険な仕事をさせられたりというケースもありますから、とにかく絶対に闇金には手を出してはいけません。

 

一度住み込みの強制労働をさせられてしまうと、シャワー代や食事代などが異常に高いなどでなかなか逃げ出せない仕組みになっています。
そんな生活、考えただけでも恐ろしいですよね?

 

 

実はもうすでに闇金から借金をしてしまっている、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
取り立てに苦しんでいたり家族に迷惑をかけてしまっていたりする方もいらっしゃると思います。

 

闇金とこれからも離れることができないのか、一生こんな生活なのか・・・と絶望している方、まだ大丈夫です!諦めてはいけません。

 

闇金との関係を断ちたい、取り立てを止めたいという方は、ぜひ当サイトでご紹介している法務事務所に相談してみてください。

 

法務事務所に相談して何になるんだ?などと思うかもしれません。
しかし、法務事務所に相談をすれば法律で闇金に対応してもらうことが可能になるのです!

 

先ほども、闇金は法律に詳しい人を嫌がる、審査に通らないことがあると少しお話ししました。
ということは、法律に強い司法書士のいる法務事務所を味方に付ければ、闇金は離れて行くことになるでしょう。

 

ここで注意してほしいのは、法務事務所ならどこでもいいというわけではないという点です。
闇金の問題を解決するのですから、闇金に詳しい司法書士のいる法務事務所でなくてはいけません。

 

当サイトでご紹介している法務事務所なら大丈夫です!
闇金問題を数多く解決してきた専門家が揃っています。

 

闇金問題で困っている方は、今すぐ当サイトでご紹介している法務事務所へご相談ください。
相談は無料でできますから、今すぐにチェックしてください!

 

0円で出来る闇金のご相談はこちらから