闇金 手口

MENU

闇金の手口とは?

皆さんは「闇金」と聞くと、どんなイメージを持つでしょうか。
派手なスーツを着て、恐ろしい口調で取り立てをするというイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。

 

自分は絶対に闇金とはかかわらない、そもそも闇金なんて自分とは別の世界のものだと思う方が大半だとは思います。

 

しかし中には、闇金といえどもちゃんと返済すればちょっと借りるくらいは大丈夫だろう、と考えている方もいらっしゃるかもしれません。

 

闇金を甘く見るのは絶対にやめましょう。

 

闇金は返済までの期間が短いですから、ちょっとだけだから大丈夫!
などと軽い気持ちで借りてしまうと、どんどんと金利が膨らんでいってしまう可能性が高いです。

 

最近では「闇金ウシジマくん」の映画やコミックも人気ですから、皆さんも闇金の金利の高さはご存知の事と思います。
その金利の高さは私たちの想像をはるかに超えるものです。

 

給料日が来れば簡単に返せてしまうなどという考えは捨ててください。

 

場合によっては、借りる段階では本当の金利が明かされずに、返済の時になって初めて金利の高さに気づくというケースもあるようです。

 

その時に後悔しても遅すぎるのです。

 

相手は闇金ですから、最初の約束と違うことも平気でして来るのです。

 

最近の闇金の取り立ての手口としては、電話で行うのがメインになっているようです。

 

やはり、警察などに身元がバレてしまうリスクを減らすためといえるでしょう。
ただし、地元の闇金から借りた場合には直接家に乗り込んでくるケースもまだまだあるようです。

 

電話だけの取り立てならさほど怖くないや、無視していればいいんだし・・・と思った方もいらっしゃると思いますが、それがそうとも言えないのです。

 

たかが電話と侮るなかれ、闇金からの執拗な取り立て電話は確実にあなたの精神を蝕んでいくことでしょう。

 

返済が滞ると、とにかくひっきりなしに携帯電話の着信音が鳴り、金返せと罵られます。
もちろん、時間帯などお構いなしです。

 

人格を否定され続けたり、今すぐ行くぞ、家に火をつけるぞ、お前の職場に行くぞなどと身の危険を感じるような脅しをかけられたりすることもあります。

 

これだけにとどまらず、あなたの家族や職場、近所の家などにまで取り立てや嫌がらせの電話をするという手口もあります。

 

自分だけなら何とか無視すればいいかもしれません。

 

携帯をどこか目につかない場所に置いてしまえば、多少気がまぎれるでしょう。

 

しかし、親元、家族、親戚、ご近所さんなどが同じような目に遭ったらどうなるでしょうか。
自分のせいで家族や親戚、ご近所さんに迷惑をかけてしまうのは嫌なものです。
この先合わせる顔が無いでしょう。

 

家族ならまだしも、あまり親しくない親戚やご近所さんに迷惑が掛かることだけは何としても避けたいのが本音ではないでしょうか。

 

迷惑をかけたくない、借金について知られたくないと思っている相手に徹底的に嫌がらせをすることによって借り手を精神的に追い詰め、なんとしてでもお金を搾り取ろうとしているのです。

 

取り立ての手口は電話だけとは限りません。

 

宅配のピザなどが大量に届く、消防車を呼ばれる、電報で脅迫文が届くなどという嫌がらせをすることによって精神的に追い詰め、何としてでも借金を返済させようという手口もあるようです。

 

このようなことをされ続けばどんな人でも精神的に参ってしまいますし、ピザの宅配などがやって来て自宅のチャイムが鳴れば、闇金業者が本当に乗り込んで来たのではないかと血の気が引くほど恐ろしく感じるでしょう。

 

さらにそれだけにはとどまらず、子どもの学校、保育所などにまで取り立ての電話をかけるというケースもあるようです。

 

そういう噂は子どもたちの間でも案外早く広まりますし、子どもは正直で時に残酷な面もありますから、それをきっかけにお子さんがいじめに遭う可能性だってあるでしょう。

 

ちょっとした出来心で自分が闇金から借金をしてしまったばっかりに、子どもが辛い目に遭うのは耐えられないはずです。

 

闇金はこのような手口を使い、借り手を徹底的に弱らせ、追い詰めてきます。

 

これによって自分や家族、周りの人間が取り返しのつかない事態に陥ってしまうことも考えられます。
闇金はあなたやあなたの周りの人を恐怖のどん底に突き落とし、人生の歯車を狂わせてしまう可能性が高いのです。

 

ですから、闇金からお金を借りることは絶対にやめましょう。

 

すでに闇金からお金を借りてしまい、このような手口や、もっとひどい手口で取り立てをされているという方もいらっしゃるかもしれません

 

闇金からの取り立てを今すぐに止めてほしいと心から願っていることでしょう。
特に、家族や親戚、ご近所さんなどを巻き込んでしまっている方は、1日も早く解決を目指す必要があります。

 

0円で出来る闇金のご相談はこちらから

闇金の手口から身を守る為に

あなたの身近にも闇金が潜んでいますので、今後金融機関から融資を受ける予定のある方は十分注意が必要です。

 

特に焦っている方、急いでお金を用意しなければいけないという方は要注意でしょう。
焦っていると冷静に判断している時間もありませんし、普段よりも判断力が鈍っている可能性があるからです。

 

そう言われても「まさか自分が闇金と出会ってしまう、騙されてしまうなんてことがあるはずはない」と思う方が多いでしょう。

 

身近で闇金を利用してしまったなどという話はなかなか聞かないでしょうし、闇金業者を見かけたことがあるという方も多くはないはずです。

 

しかし、思わぬきっかけで闇金と出会ってしまう可能性がありますから、誰でも警戒しておく必要があるといえます。

 

闇金に騙されないためには、まず闇金の手口を知ることが重要になってきます。
被害に遭ってしまう前に知識を身に着け、闇金業者を見抜けるようにしておくとよいでしょう。

 

私たちが闇金と出会ってしまうきっかけとなるのが、さまざまな手口を使った勧誘です。
では闇金はいったいどんな手口を使って私たちを勧誘するのでしょうか。

 

闇金の勧誘手口として多いのは、ダイレクトメールやチラシを使ったものです。

 

ダイレクトメールは個人情報を知られていなければ送られてきませんが、チラシの場合はマンションの集合ポストに投げ込まれるなど、無作為に入れられてしまう可能性があるため注意が必要でしょう。

 

ほかにも、電柱や電話ボックス、公衆トイレなどにビラを貼るといった手口もあります。
お金に困っている、借りられる金融機関がないなどという方は、このようなビラに騙されてしまいがちです。
ビラをという方法で勧誘を行っている業者は闇金である可能性が高いですから、安易に連絡を取らないようにしましょう。

 

それ以外にも、雑誌や新聞の広告欄に広告を載せるという手口もあります。特に多いのがスポーツ新聞やギャンブル関連の雑誌などに載っているケースです。雑誌や新聞に載っている広告なら信用できるのではないかと考えてしまいがちですが、そうとも言い切れないのが現実です。

 

競馬をしていたらお金が足りなくなってしまった。
そんな時にスポーツ新聞を開いたら、ちょうど融資の話が目に飛び込んできた・・・となれば、誘惑に負けて借りてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

 

ちょっとだけなら大丈夫、次勝つから、絶対元が取れる!そう考えてしまいがちです。

 

ギャンブルでお金が足りなくなって今すぐに借りたいという状況でも、一度冷静になってください。闇金から借りてしまったら恐ろしい目に遭うということを常に頭に入れておくと、うっかり闇金から借りてしまうことへの抑止力になるかもしれません。

 

街中に貼られたビラなどは比較的闇金であることを見破りやすいですが、ダイレクトメールやインターネットのホームページでの勧誘手口はなかなか見破りづらいので特に注意が必要です。

 

大手の実在する金融機関の名前でダイレクトメールを送られてきて、借り入れをしてみたら実は全く違う業者だったなどというケースも報告されています。

 

こうなると見破るのは本当に困難ですから、ダイレクトメールだけではなくインターネットのホームページもチェックしてみたり、貸金業の登録番号が正しいかどうかを調べてみたりするべきです。

 

念には念を入れてさまざまな角度からその業者を調べてから融資を受けるようにするのが望ましいでしょう。

 

大手の金融機関の名前は語っていなくても、似たような商号を使うというケースは大変多いですので、なんとなく聞いたことがあるような名前だからと安心してしまうのは危険です。

 

また、ホームページから耳慣れない業者に借り入れの申し込みをするときにも十分注意しましょう。

 

最近の闇金のホームページは正規の業者と見分けがつきにくいものが大変多くなっています。

 

闇金業者のホームページにも、普通の金融機関と同じようにさわやかなイメージの女性の写真などが載っていることが多いです。そのイメージに騙されて「なんか良さそうな業者だな」などと思ってしまいがちです。

 

一見したところではまさか闇金のホームページだとは思えないようなものばかりですので、隅々までホームページをチェックしましょう。

 

闇金である場合、会社の概要が載っていない、金利がはっきりと書かれていない、または異常に低すぎる、信用情報機関に関する案内などが書かれていないなどと言ったケースが多いです。

 

やたらと審査が早く終わるような業者も怪しいと言えます。
貸金業登録番号も必ずチェックしましょう。

 

さらに、闇金と出会ってしまうきっかけはそれだけではありません。

 

中には闇金から突然電話がかかって来たり、メールが来たりするケースもあるようです。

 

一体どこから自分の個人情報が漏えいしているのかと考えると恐ろしいのですが、色々なところから個人情報が漏えいしているのが現実ですので、誰にでも起こりうることだと思っておきましょう。

 

特に、お金に困っている方や金融機関からの借り入れを考えている方の場合、このような電話やメールが来ると、つい誘惑に負けてしまいがちです。

 

いきなり電話やメールをして来るのは怪しい業者だ、おそらく闇金だから関わってはいけないと頭の片隅に常に入れてくと良いでしょう。

 

勧誘、貸出、取り立てなど、さまざまな闇金の手口を知ることによって闇金に騙されてしまうのを防ぐことができます。
ぜひ事前にこれらの知識を身に着けてください。

闇金の儲け方や貸出の手口について

今すぐにお金を借りたいと思っている方は、特に闇金のおいしい謳い文句に引っ掛からないように注意をしなければなりません。闇金は巧みな手口で私たちを騙します。

 

人は焦っているときには冷静な判断ができなくなりがちです。とにかく何でもいいから借りてしまいたい、何とかなるだろうという甘い考えは禁物です。

 

闇金の儲けの手口と言えば、やはりまず「異常な高金利」が挙げられます。
一度だけでも、ほんのちょっとだけでも闇金から借りてしまえば、高額な金利に苦しむことになってしまうのです。

 

「金利が高い」といっても、具体的にどのくらい高いのか分からないという方も多いでしょう。
実際に正規の金融機関の金利と比較をしてみると、その異常さが理解できるはずです。

 

正規の金融機関から借りた場合は金利の上限が年に20%ですから、仮に5万円を10日間借りたとすると約273円の利息がかかるということになります。

 

一方、10日で3割の金利を貪る「トサン」などと呼ばれる闇金業者の場合、5万円を10日借りた場合の利息が15000円にもなってしまいます。その差は歴然ですよね。

 

しかも利息のほかに当然元金の5万円も返さなければいけないわけですから、借り入れの10日後に65000円を返済しなければならないことになります。

 

お金に困って5万円借りた人が10日後に65000円を返済するなどということは、まず不可能です。

 

さらに闇金は金利が高いだけではなく、貸出を行うときにもさまざまな手口でお金を取られてしまうことがあります。
これも、闇金の儲けの手口と言えるでしょう。

 

まず、闇金の利息は貸し出しの時点ですでに引かれてしまうことが多いです。

 

例えば5万円を10日で3割の金利で借りる場合、実際に5万円を手元にもらえるわけではなく、利息を引いた35000円しかもらえません。

 

ほかにも、貸出の時にさまざまな名目を付けて手数料を取るという手口も良く見られます。保証料、書類代、審査料などの名目で手数料を取られることが多いでしょう。

 

また、契約の途中で闇金だと気づいて借り入れをやめると申し出ると、「もう貸出するお金を用意してしまったため、やめる場合はキャンセル料がかります」などと言われてキャンセル料を払わせる手口もあります。

 

 

最近の闇金の貸出の手口としては、少額のみしか貸出をしないというケースが多いようです。
これはなぜかというと、貸し倒れを防いだうえで完済をさせないようにし、高額の利息を長く貪るように考えられているからです。

 

さらに、闇金には普通にお金を貸出すだけとは限らず、下記のようなさまざまな手口を使って儲けを出しています。

 

 

年金担保金融

 

年金を担保にしてお金を貸出す代わりに年金の証明書や通帳などを取り上げる。返済が終わっても証明書や通帳などを返さないケースも多い。
お年寄りを食い物にする悪質な詐欺です。

 

 

紹介屋

 

お金を貸してくれる業者を紹介するからと言って手数料をだまし取る方法です。
実際には適当な業者を紹介するだけであったり、一切紹介してくれなかったりとさまざまなケースがあります。
紹介屋と闇金がグルになっていることもあるため、さらに注意が必要です。

 

 

クレジットカード現金化

 

クレジットカードのショッピング枠で指定の商品を買わせ、手数料を引いた金額を貸出す方法です。

 

キャッシュバック型と買取型があります。

 

あとからカード会社からの請求があるうえに手数料が上乗せされるため、最終的には借金が増える結果となります。

 

悪質な業者の場合、キャッシュバック自体行われないケースもあります。
カード会社は現金化を認めていないため、最悪の場合カードの停止や退会を申し渡されることも。

 

 

自動車金融

 

車の売買契約をして車を闇金側の名義にし、その代金を融資してもらう方法。

 

リース契約をして利息を払わせ、支払いが滞ると車は持って行かれてしまいます。

 

 

偽装質屋

 

質屋の場合、鑑定料や保管料などの経費がかかることから、金利が年109.5%まで認められています。

 

この点に目を付けた闇金業者が、質屋を装って高金利をだまし取る方法。

 

闇金でお金を借りてしまわないことももちろん重要ですが、これらのような貸出の手口にひっかからないことも重要です。

 

おいしい話には必ず罠があるということを常に肝に銘じておきましょう。

 

 

闇金相談する