闇金 対処法

MENU

ヤミ金の対処法とは

ヤミ金に手を出してしまって、あとからその会社がヤミ金リストに名前が挙がっているような会社と分った場合の対処が問題になると思います。
もうすでに、ヤミ金被害に遭っている人もいるでしょうし、一日も早くこの地獄から抜け出したいと思っている人には、早急にヤミ金の対処が必要です。

 

高金利でしかないヤミ金からお金を借りてしまった場合の対処法としては、相手との心理戦に勝つことです。

 

ヤミ金リストの掲載会社などは、必ず「怖い」とか「恐ろしい」と思させて、借りた人の思考停止させる心理戦をとってきます。

 

もし、借りてしまった人は、必ず当サイトで紹介している法務事務所に相談してください。

 

当たり前ですが、自分で電話連絡などをしないでください。

 

それは、たとえ非通知設定をしていてもです。

 

闇金の中には、家や会社には乗り込みません。
でも会社には電話しますというところもあります。

 

これは、どんどん詰め寄っていく作戦をとっているのは、借りた人にも分かるでしょう。

 

また警察への相談などもタイミングは、当サイトで紹介している法律の専門家が教えます。

 

基本的には、昼間の警察での担当部署の人がいる時間に相談しに行かなければなりません。

 

そして、口座番号を聞いてから、警察や法務事務所に相談など優柔不断な態度もよくありません。

 

電話がかかってきたら、「違法業者からの借金は返金しなくてもいいと言われました」「OO警察署に被害届を出して、法務事務所には相談して、契約しました」と言いましょう。

 

こういう態度を取ることで、ヤミ金の対処法として心理戦に勝つ必要があります。

 

しかし、こちらも俗に言う「ハッタリ」でいいのです。

 

警察に被害届を出す前に、法律事務所に相談する方がいいかもしれません。
闇金が逮捕されてしまっては過払い金などは返ってこないのです。

 

どうしても許せない場合には、過払い金などを取り戻した後、法律家に相談して、騙されたり酷い思いをしたヤミ金被害を証拠などとしてとっておく方法を法律事務所と相談しておきましょう。

 

警察署に被害届を出しましたという「ハッタリ」が必要な理由ですが、こういう宣言をヤミ金にすることで家や職場にやって来て、あなたに接触することはなくなるからです。

 

接触すれば、逮捕される可能性が高くなりますからね。

 

ただ、毅然としたヤミ金への対処法をとっても、1日でヤミ金からの電話が鳴りやまなくなることはないでしょう。

 

でも「怖い」と思ったら負けなのです。

 

ヤミ金への最善の対処法としては、バックに専門家を付けてヤミ金との心理戦に勝つことがポイントです。

 

また、違法な貸金でも、元金などは払いましょうと言ってくるとんでもない法律事務所も存在します。

 

ヤミ金対処法としては、返済をするのではなく、当サイトでご紹介する法務事務所にて闇金相談をするのが、このヤミ金地獄から抜け出せる第一歩です。

 

悩んでいる時間で高金利の利息は増え続けているのです。

 

0円で出来る闇金のご相談はこちらから