闇金 被害相談

MENU

闇金の被害相談はお早目に

多重債務者の多くは、闇金からお金を借りてしまっているようです。
その闇金の被害相談は方向性を間違えるととんでもないことになります。

 

特に個人事業主などは銀行ではもう相手にしてくれない状況に陥っていて、資金繰りに大変苦しんでしまって、金利が違法な高さであることも認識しつつ闇金に融資を依頼して、結果として資金繰りだけでなく闇金の被害まであうという状況になります。

 

そもそも銀行が貸してくれないから、大手の消費者金融の審査が厳しいからと言って闇金に手を出してしまうのです。

 

でも、大手の消費者金融ですら、過払い金の返金などを司法書士から言われ、ちゃんと対応している状態です。
闇金がどんな手を使って、闇金被害者に取り立てているかは想像に難くないでしょう。

 

安易な資金繰り解決策を見極めなかったのが問題で、闇金に手を出してしまったのです。

 

闇金リストに手を出し始める人間はすでに資金繰りで精神的に追い詰められてしまったのかもしれません。

 

高金利の支払いに対する冷静な判断ができないのです。

 

でも一度闇金からお金を借りてしまったらキツイ取り立てはもちろんのこと、嫌がらせの電話もジャンジャンかかってきます。

 

実家には当然取り立ての電話がかかってきます。

 

さらには、取引先にも時間を問わず深夜でも電話をかけてきます。取引先は、どう思うでしょうか?

 

もちろん、こんな売り先は、貸倒になっても、今後売らない。

 

取引先が仕入れ先だったら、このような相手からは買わないという判断するのが、ビジネス上の考えでしょう。

 

資金繰りもどうすればいいのか一人で悩むのはよくないのです。
専門家である公認会計士などに相談する方がいいですよ。
闇金にお金を借りる前に相談しなければいけませんが。

 

上記の人に言わなければいけないことは、闇金から融資を受けないのが一番なのですが、もうすでにこのように借りてしまった後であれば、自分自身の力で解決するのは、限界があり、相談しない限り解決策は見いだせないのです。

 

ただこの人は、知人が闇金被害の相談のプロである司法書士事務所を紹介してくれたおかげで、人間としての生活を取り戻すことができたようです。

 

もしあなたが、今、一人で闇金からの強烈な闇金からの取り立てに苦しんでいるのなら、闇金相談のプロにお任せすることを推奨します。

 

では、闇金相談のプロって誰だ?法律のことや士業に詳しくない人は、「弁護士!」と思うでしょうが、上記の人のように司法書士をおすすめします。

 

なぜならば、弁護士は、とても費用が掛かります。

 

同じように闇金の被害を解決してくれるのであれば、同じプロでも安く請け負ってくれる士業を選択することをお勧めします。司法書士の合格率も2%程度であることから、法律の士業の中でも簡単に取れる資格ではないのです。

 

弁護士の1つしか知らない人は、損をします。

 

でも、司法書士も色々な得意分野があります、不動産登記を専門にする人もいるのです。

 

だから、どんな法務事務所でもいいのではなくて、当サイトで紹介している法務事務所に闇金の被害相談をしてください。

 

0円で出来る闇金のご相談はこちらから

 

 

 

 

闇金(ヤミ金)問題で被害届を出す場合

 

闇金の被害届はどこに出すが迷った時、被害届と言えば、警察と思い、出そうとしに行くと、取り扱ってもらえないこともあります。

 

たとえ、被害届を受け取ってくれたとしても、何も警察が動かないこともあります。

 

民事不介入の原則です。
警察は、民事のことについては、動かないのです。

 

闇金からお金を借り入れるということは、個人同士がお金の貸し借りをしただけです。
そこでトラブルがあっても警察はなかなか取り扱うことはできません。

 

それどころか、動かない守ってくれない警察に相談したことが闇金業者にしられてしまうと・・・想像しただけでも恐ろしい結果が待ち受けているに違いないです。

 

しかも、被害届を警察に出しても、警察は闇金からの脅迫や、迷惑行為に対応してくれるだけなのが現状です。
つまり簡単な注意程度です。
どれくらい簡単かというと、「こら!」ぐらいです。

 

だから、2日間ぐらいは、静かになる闇金業者は多いですが、3日目には、厳しい取り立てをしてきます。
それは、逮捕してくれないからです。

 

そもそも、警察に行けない人を闇金は狙うのです。
最近の事件でもありました。
韓国人ホステスを狙って、闇金業者は多額の金を利息としてとっていました。

 

このような警察への相談をしにくい外国人を闇金はターゲットとして狙ってくる場合もあります。
その原因ですが平成22年の貸金業法の改正によるものです。

 

これにより、韓国人ホステスなどの外国人は審査が厳しくなったり、返済能力を証明することが難しい状況にあるため、適法な金融業者からお金を借りることは難しくなりました。

 

これは、警察しか被害届を出せないと思っているからです。

 

また、国によっては、弁護士しかいない国もあるので、弁護士よりも安価で闇金の被害相談を受け付けてくれる司法書士がいることを知らない場合もあるのです。

 

また、闇金が警察に被害届を出しても、めったに逮捕されない理由は、色々あります。
まず、闇金業者のほどんどは取り立てに固定電話なんて使いません。
携帯電話だけを営業に使っているのです。そのためなかなか逮捕されないのです。

 

つぎに民事不介入もその例ですが、証言と証拠が中々そろわないのです。

 

貸金業法違反だけでは刑事事件にならず、法的手段を取らない限り、あなたの警察への被害届はなんの効果ももたらさないのです。警察が闇金業者を逮捕するには、顧客情報を見つけだす必要があるのですが、警察が闇金業者の顧客リストを探し出す前に、業者は逃げてしまったり、顔を変えてしまったりします。

 

こういう理由から、あなたが闇金業者から被害を受けていても、警察に被害届なんて出しても、何の解決にもならないことを理解していただけたでしょうか。

 

ではどこに被害を訴えた方がいいのか?

 

それは、当サイトで紹介している闇金解決のプロ集団である法務事務所に相談してください。

 

運よく逮捕されても、闇金からの過払い金の回収することができなくなります。
そのため警察ではなく法務事務所に相談してください。

 

0円で出来る闇金のご相談はこちらから