金貨金融 仕組み

MENU

金貨金融とは

 

ヤミ金には、普通に高金利でお金を貸す以外にも、様々な手口があります。
その手口の一つとして近年、「金貨金融」というヤミ金の新しい手口が広まっています。
2014年には全国で初めて摘発もされました。

 

まだ聞きなれない「金貨金融」とは、具体的にどのような仕組みになっているのでしょうか?
今回は、金貨金融についてご説明したいと思います。

 

結論から言うと、金貨金融は通常のヤミ金のように直接利用者に現金を融資するという訳ではありません。

 

表向きは「金貨の販売」という形態で営業をしており、貸金業とは名乗らずヤミ金と繋がりを持ち高金利で利益を出すという仕組みになっています。

 

金貨ショップとして営業をおこなっている金貨金融の手口は詐欺そのものです。
まず、顧客に時価42000円の金貨を65000円で販売します。
販売するといっても、実際にその時点で手元に65000円を持っていなくても大丈夫で、ツケのような形で買うことができます。

 

顧客は、購入した金貨を他の金貨ショップへ行き42000円で換金し、1週間〜10日後くらいまでに金貨金融側に65000円の金貨の代金の支払いをします。

 

この現金を回収すれば、金貨金融には23000円の利益が発生し、顧客は実質23000円もの利息を支払ったという事になるのです。

 

つまり、金貨ショップを装った業者から金貨を買い、利用者はその金貨を売ってお金を手にするわけですが、結局はそのあとに、金貨の売却によって手にした現金以上の返済を金貨ショップ(金貨金融業者)にしなければならないということになります。
この話、何かに似ていませんか?

 

そうです、闇金からの借り入れです。
闇金から借金をすれば当然暴利が付きますから、借り入れた時の金額以上のお金を、1週間〜10日後くらいに返済しなければなりません。
冷静に考えれば、金貨金融の手口と言うのは、闇金のそれと同じだといえるのです。

 

金貨金融の業者から42000円の金貨を65000円で買って代金を後から支払うというのは、闇金から42000円の融資を受け、利息を含んだ65000円の返済をするというのと同じということになります。

 

さらに、「クレジットカードの現金化」の仕組みとも似ていると言えます。
金貨金融の仕組みは「換金ヤミ金」に似ており、金貨金融業者は「お金を貸した訳ではないから、ヤミ金ではない」と言い逃れができるという訳です。

 

ですが、裁判所側が「金貨金融はヤミ金」と判決を下している前例がある事から、金貨金融はヤミ金と同じであると言えます。

 

いくら、「お金を貸した訳ではない」と容疑を否認しても、1週間で23000円もの利息が発生している状態を見れば、法外な利息とみなされヤミ金認定されるのも当然です。
この例では、いわゆる「トサン」(10日で3割の金利を取る)の闇金業者よりも高い利息を取られていることになるのです。

 

実際、摘発された金貨金融業者は、今までに215人、7500万円もの貸付をおこない1870万円もの利息を支払わせていました。

 

これは、法が定める利息の83倍にも相当し、国民生活センターには年間約150件もの相談が寄せられています。

 

札幌の金貨金融詐欺では、31000円の金貨を購入させ、換金額は17500円でした。1週間後の差額支払いから計算して、年利4000%という驚愕の利息になります。

 

金貨金融は、ヤミ金と同じようにチラシなどで勧誘をおこなってきます。チラシには、「ブラックOK」「破産された方でも可能」「即日30万円融資します」などと、甘い言葉で生活に困窮している人を狙っています。

 

パッと見は、直接現金を融資するという訳では無いので、ヤミ金という感じはしませんが、結果的に高い金利を払わされているという事を理解しなくてはいけません。

 

そして、もし金貨金融の業者への代金の支払い(返済)が滞ったらどうなるでしょうか?
もちろん、普通の闇金から借金をして返済ができなくなってしまったときと同じように、恐ろしい取り立てが待っています。

 

ですからお金に困っていても、常に冷静さを心がけるようにしましょう。
世の中、おいしい話などどこにもありません。
自分だけにおいしい話が舞い込んできたような気持ちになってしまうのは分かりますが、自分は持っている、運が良いなどと勘違いしないようにしてください。
おいしい話=騙されるかも!という図式を、常に頭の中に描いておくべきなのです。

 

もしすでに、そのような業者から金貨を買ってしまった、騙されてしまったとなったら、どこに相談をしたら良いのでしょうか。
実質はヤミ金と同じだと聞かされてしまうと、余計に恐ろしいと感じてしまった方もいらっしゃるでしょう。

 

今後、ヤミ金の手口として広まっていくと予想される「金貨金融」という手口ですが、万が一引っかかってしまった場合は、ヤミ金解決の専門家である司法書士に相談をするようにしましょう。

 

当サイトでは、ヤミ金問題に強い司法書士を紹介させてもらっています。

 

司法書士といっても、その得意分野はさまざま。
闇金や金貨金融のトラブル解決をあまり得意としない司法書士に相談をしても、解決までに時間がかかってしまいます。
時間のみならず、費用までもかさんでしまう可能性があるでしょう。

 

その点、当サイトでご紹介させていただいている司法書士のいる法務事務所なら大丈夫です!
ヤミ金の問題を数多く解決に導いてきた司法書士が在籍している法務事務所を厳選してご紹介させていただいておりますので、安心して相談することができるのです。

 

より解決に近づくためには、いくつかの法務事務所に相談してみるのも手です。
ご自分が話しやすく話が進めやすいなと感じた司法書士のいる法務事務所を選べば、より解決がスムーズになるでしょう。

 

金貨金融だけでなく、ヤミ金は様々な手口を使ってきます。「もしかしてヤミ金かも…?」と不確かな場合でも一度相談をしてみてください。相談料は無料なので、気軽に聞く事ができますよ。

 

金貨金融も結果としては、ヤミ金と変わりがありません。
「こんなことで司法書士に相談しても大丈夫かな?」などとためらう必要は無いのです。
金貨の差額が払えなければヤミ金同様に厳しい取り立てや嫌がらせを受ける事になりますから、これ以上被害を拡大させない為にも、早目に相談をして早期解決をするようにしましょう。

 

0円で出来る闇金のご相談はこちらから